• 人生100年の生き方のためのお金の運用、キャリア、住宅、ライフプランのためのブログです。
    Pocket

     

    こんにちは。川淵ゆかりです。

     

    安倍首相は、消費税率を2019年10月1日に現行の8%から10%へ予定通り引き上げる方針を固めました。

     

    まぁ、今度は増税を実施しないと、次のタイミングは難しいですからね。

     

    消費増税となると気になるのは消費の落ち込みですが、対策案として次のようなものが考えられているようです。

     

    • キャッシュレス決済者対象の2%のポイント還元セール
    • エコカー減税の延長や住宅ローン減税の拡充
    • 消費税還元セールの解禁
    • 食料品などの税率を8%に据え置く軽減税率制度

     

    こういった対策を取ることで、日本銀行の黒田総裁も消費税率10%への引き上げについて、「景気に大きな悪影響があるとは思わない」と述べたそうですが。。。

     

    本当ですかぁ?

     

    カードを使ったキャッシュレス決済などはお年寄りにとってはちょっと酷な気がします。

     

     

    まぁ、日本は海外に比べてキャッシュレス化が遅れてしまったため、政府としてもかなり焦っているようで、これを機会に一気にキャッシュレス化を進めたいようですね。

     

    日本人は現金主義ですから、現金支払いに大きな不便でも感じなければ、よほどのメリットがあるか、強制でもされない限り、なかなかキャッシュレスには移りません。

     

    この増税対策は具体的にはどのようになるかはまだはっきりはしませんが、日本人のキャッシュレス化が一気に進むでしょうか。。。

     

    海外からの旅行者の「日本はお金の面では遅れてるなぁ。。。」というイメージがなくなって、お金をたくさん使ってくれればいいですね。

     

    日本はこれからも人口は減っていきますし、高齢者の割合は増えていきます。

     

    消費税が増税とならなくても、消費が落ち込んでいくのは自然です。

     

    お年寄りはお金持ちが多い、といっても、お金を持っているお年寄りもそのうち減ってきます。

     

    社会保障制度にはまだまだ財源が必要となってきますが、財源確保のために消費税率を上げる以外の方法も考えていかなければいけないと思います。

     

    個人的には「消費税還元セール」の復活は嬉しいです。

    お店の盛り上がる感じが楽しいです。

    家計支出は確実に増えていくんですがね。。。

     

    それでは、また。

    感想をお待ちしてますね~。ヽ(´▽`)/