• 人生100年の生き方のためのお金の運用、キャリア、住宅、ライフプランのためのブログです。
    Pocket

    こんにちは。川淵ゆかりです。

     

    消費増税も話題となり、駆け込みで住宅の取得も考える人も多くなると思います。

     

    ローンを組む時に覚えておいていただきたいのは、「住宅ローンは後半が大変!」ということです。

    住宅ローンは長期にわたるため先が見えず、収入減少や子どもの教育費増により、50代で失敗するケースが増えています。

     

    ですが、こういった失敗を回避する方法があります!

     

    知らない人も多いのですが、毎月の返済額を減らしていき、

    しかも支払う利息部分を少なくするという方法です!

     

    それは、フラット35の「元金均等返済」という方法です。

     

    毎月の返済部分の元金部分を同じ金額にすることで、元金部分(借金)の返済がスピーディになるため、

    • 毎月少しずつ返済額が減っていく。
    • 利息部分の総額をへらすことができる。

    というメリットがあります。

     

    ローンの前半のゆとりのある時期の返済額を多くすることで、先の見えない後半部分の返済額を減らす効果が出るのです。

     

    フラット35のサイトで参考例があがっていますので、お時間あるときにじっくり比較してご覧下さい。

    https://www.flat35.com/loan/atoz/04.html

     

    この参考例では、

    • 返済期間の折り返しの時期には、毎月の返済額が1万円以上も減って、
    • 利息総額が33万円以上も少なくなること が、わかります。

     

    住宅ローンを申し込む場合は、必ずシミュレーションをしてもらい、「元金均等返済」を検討してみてください。

     

    なお、次のブログも参考にどうぞ。

    住宅ローン返済、いばらの道?

    変動金利型ローンのリスク

     

    それでは、また。

    ご感想をお待ちしてますね。ヽ(´▽`)/