• 人生100年の生き方のためのお金の運用、キャリア、住宅、ライフプランのためのブログです。
    Pocket

    こんにちは。川淵ゆかりです。

     

    雇用年齢の70歳までの引き上げの検討が発表され、話題になりましたね。

     

    「家計のためにも70歳まで働けることはいいことだ!」と思っている人も多いようですが、ちょっと待ってください。

     

    忘れていませんか?年金カット。。。

     

    年金をもらいながら働く場合、給与収入が一定額を超えてしまうと、年金支給額が減額されてしまうのです。

     

    これは、「在職老齢年金」という制度です。

     

    現行は、

    老齢厚生年金の月額と総報酬月額相当額の合計額が、

    • 60歳~64歳までは28万円を超えると、
    • 65歳~70歳までは46万円を超えると、

    年金がカットされます。

     

    「年金と給料を合わせても46万円なんてならないよ。」と安心していると、危ないですよ。

     

    制度は「見直し」というものがありますから、5歳分の雇用延長ともなれば、在職老齢年金での年齢や金額も見直しとなる可能性は高いと思います。

     

    なんといっても年金をはじめとする社会保障の給付にかかる費用は年々増えているのですから、どんどん厳しくなっていくのは当前ですね。

     

    定年後もバリバリ働いてガンガン稼ぎたい、と思っている人は、ガッカリしたと思いますが、年金カットにならない方法もあるんです。

     

    年金カットになる対象は、厚生年金に加入して働く人です。

     

    ですから、厚生年金に加入しない働き方をすることです。

    つまり、パートやアルバイト、自営業となります。

     

    ですが、現在はパートやアルバイトでも社会保険(厚生年金・健康保険)への加入傾向にありますから、どうしても年金カットがイヤであれば、自営業ということになります。

     

    年金カットがないので、自営業でバリバリ働くのはいいと思いますよ。

    「倒産」も「リストラ」もありません。

     

    長期間、低金利で資産作りをしてきた人はどうしても老後資金は不足しがちですから、老後に自営業で稼ぐということは、かなり効果があるはずです。

     

    ですが、定年間際に急に起業しようと思っても、多くの人はうまくいきません。

     

    定年前(できれば若いうち)から、しっかり準備をすすめたり、まずは週末起業で頑張ったりしてみてはいかがでしょうか?

    それでは、また。

    ご感想をお待ちしていますね~。ヽ(´▽`)/