• 人生100年の生き方のためのお金の運用、キャリア、住宅、ライフプランのためのブログです。
    Pocket

    経済同友会は3年ほど前に

    「財政再建のために消費税率は17%に!」と提言しましたが。。。

     

    1989年4月に3%(竹下首相)
    1997年4月に5%(橋本首相)
    2014年4月に8%(安倍首相)

    そして、2019年10月に10%。

    今後も高齢者比率が上昇することを考えると、

    消費税率はさらにアップしていく可能性は十分にあります。

     

    過去の経験上、消費税率が上昇すると円安傾向となります。

    円安は、食料品など輸入品の価格をアップさせます。

    さらに、インフレ傾向は金利の上昇にも繋がっていきます。

    住宅ローンの金利変動型を利用しているご家庭は注意が必要です。

     

    そして現在、原油価格が高騰しています。

    原油は様々なところに使われていますよね。

    ガソリンやプラスティックなどの加工品、

    そして、痛いのがこれからの暖房用。

     

    原油価格、食料品、消費税、住宅ローン。。。

     

    家計は厳しくなりそうです。

     

    対応策としては、日本国内だけで金融を考えないこと。

    海外に目を向けていく必要があります。

     

    持っている資産を

    通貨分散させる。(円だけでなく米ドルなど。)

    海外の金融商品を利用する。(日本に比べ金利が全然違いますね。)

     

    そういった方法で、家計を楽にすることができます。

    難しそうに感じる方は、セミナーにご参加くださいね。

    早めのインフレ対策を!

     

    ↓ 毎年、人間ドックも行ってらんないですよね~。

    自宅でガンや成人病のチェックができるのは手軽です。

    「ご家族セット」ではなく、「女性用」「男性用」に限定すると、

    2万円ちょっとで検査できます。

    お子さんやご家族のためにもどうぞ。


    私は運動が苦手なので、なんかひっかかりそうです。(笑)

    (走るとビリだし、逆上がりができたことがありません。)

    それでは、また。

    感想をお待ちしていますね~。ヽ(´▽`)/

    <著者プロフィール> 川淵ゆかり

    ファイナンシャルプランナー(日本FP協会 CFP(R)、厚生労働省1級FP技能士)

    会社経営者、自営業、をはじめ、公務員、会社員等の顧客に対するマネーコンサルタントのほか、老後資金や住宅ローンセミナーの講師を行う。


    あなたの常識間違いだらけ! 資産づくり見直しポイント

    無料レポート「100年を生きるためのお金の知識」はこちらからどうぞ
    ⇒ https://yukarik-service.jimdofree.com/

    (東京・名古屋・地元福井でのセミナーや相談会の無料ご案内をします。)