• 人生100年の生き方のためのお金の運用、キャリア、住宅、ライフプランのためのブログです。
    Pocket

    昨日の投稿にご感想をいただきました。

    「たしかに、毎月10万円も貯金はできないよ。」と。

    ⇒ 3,000万円の作り方。

     

    そこで、結婚して以降のお金の使い方について考えてみました。

    例)30歳の男性が結婚して以降、65歳までの35年間で必要なお金。

    • 生活費 毎月25~30万円×12ヶ月×35年= 10,500~12,600万円
    • 住宅ローン 毎月10万円×12ヶ月×35年= 4,200万円(利息込み)
    • 子どもの教育費 1,000万円×2人= 2,000万円
    • 車の購入 200~250万円×5回= 1,000~1,250万円
    • 老後のための貯蓄 3,000万円

    TOTALで、20,700~23,050万円、

    つまり、約2億円~2億3,000万円、となります。

     

    ※ 住宅ローンの4,200万円は、元金だと約3,000万円の借り入れとなります。

     

    あくまでもざっくりとした計算ですが、

    約2億円の支出が35年間で必要、となります。

    2億円÷35年= 手取りで毎年約571万円が必要。

     

    このケースだと、手取りで年571万円稼げなければ、

    やがては 家計に破綻を来たす、ということになります。

     

    今の時代、65歳までサラリーマンの平均で571万円の手取りというのはなかなか大変ですね。

     

    もちろん、それぞれのご家庭で支払いの内容は違ってくると思います。

    都会の方だと、住宅ローンの借入額はもっと多くなるでしょうし、

    地方の方だと、車は夫婦2人でそれぞれ購入するので、車の購入費や維持費ももっと多くなるでしょう。

    お子さんの人数や生活にかけるお金の使い方でも変わってきます。

     

    生涯の支出を考えないでお金を使ってしまうと、老後のための蓄えがまったくできなくなります。

     

    みなさん、それぞれ、計算してみてください。

    65歳までの家計状況が見えてくると、65歳以降の働き方なども早めに考えられると思います。

     

    あまりにも節約に走るとストレスが溜まってしまいますから、

    教育資金や老後資金のお金の作り方(運用方法)、家へのお金のかけ方を考えてみましょう。

     

    今後は、社会保険料など給料の天引きもますます増えてくると思いますし、インフレもあると思います。

    奥さまの協力(家計管理や夫婦共働きによる収入)も重要ですから、ご夫婦でマネープランについて話し合っていただきたいと思います。

     

    日本FP協会のFPって、2年ごとに単位を取って更新手続きが必要なんですよ。

    私は、外に出てセミナー受講するよりも、自宅での「e-ラーニング」で単位を取っちゃいます。

    e-ラーニングって、交通費もかからないし、受講料も安いんです。

    お子さんの勉強も e-ラーニングを取り込むと、時間とお金の節約になるかもしれませんよ。↓

     

    去年から「スマホで勉強できる!」って講座の「中学レベルの英語」と「高校レベルの数学」を頭の体操と思って受講を始めました。

    ・・・現在、テキストは部屋の隅でほこりをかぶってます。(笑)

    時間ができたら、また勉強再開したいと思います。

    (これからの時代、英語の勉強は大事です。)

    それでは、また。

    感想をお待ちしていますね~。ヽ(´▽`)/

    <著者プロフィール> 川淵ゆかり

    ファイナンシャルプランナー(日本FP協会 CFP(R)、厚生労働省1級FP技能士)

    会社経営者、自営業、をはじめ、公務員、会社員等の顧客に対するマネーコンサルタントのほか、老後資金や住宅ローンセミナーの講師を行う。


    あなたの常識間違いだらけ! 資産づくり見直しポイント

    無料レポート「100年を生きるためのお金の知識」はこちらからどうぞ
    ⇒ https://yukarik-service.jimdofree.com/

    (東京・名古屋・地元福井でのセミナーや相談会の無料ご案内をします。)