• 人生100年の生き方のためのお金の運用、キャリア、住宅、ライフプランのためのブログです。
    Pocket

    先日のブログで、教育費を子ども一人あたり1,000万円としましたが、

    ⇒ 2億円もかかる結婚生活。

    その内訳を説明しますね。

     

    文部科学省の「子供の学習費調査」(平成28年度)により計算すると、

    • 幼稚園(3年間)は、公立で約70万円私立で約145万円
    • 小学校6年間では、公立が約193万円私立が約917万円
    • 中学校3年間では、公立が約144万円私立が約398万円
    • 高校3年間では、公立が約135万円私立が312万円

    となっています。

    つまり、幼稚園~高校卒業まで、

    オール公立だと約542万円、オール私立だと約 1,772万円

    と、なります。(その差は3倍以上です。)

     

    大学の入学費と在学費は、日本政策金融公庫の「教育費負担の実態調査」(平成29年度)によると、

    • 私立短大2年間で約384万円

    4年制大学は、

    • 国立大学で約503万円
    • 私立大学文科系で約738万円
    • 私立大学理系で約808万円、となります。

     

    つまり、子ども一人につき、

    幼稚園~大学まですべて国公立でも約1千万円かかるということです。

     

    お子さんの小さい頃からいくつも習い事をさせているご家庭もあるようですが、

    大学卒業までの教育費合計や他の支出(住宅ローンや老後資金準備)とのバランスを考えて計画してください。

     

    小さい頃に習い事でお金を使いすぎてしまい、大学入学時に奨学金という借金を背負わせてしまっては、お子さんがかわいそうです。

     

    それでは、また。

    感想をお待ちしていますね~。ヽ(´▽`)/

    <著者プロフィール> 川淵ゆかり

    ファイナンシャルプランナー(日本FP協会 CFP(R)、厚生労働省1級FP技能士)