• 人生100年の生き方のためのお金の運用、キャリア、住宅、ライフプランのためのブログです。
    Pocket

    2018年 大納会の株価は?

    今年最後の取引である大納会の株価は、どうにか2万円台を保持した

    20,014円で終えました(前年末比2,750円安)。

     

    昨年の大納会終値と比較すると、2,750円安、12.1%の年間下落率

    7年ぶりに前年末の終値の水準を下回りました。

     

    長期金利も1年3ヶ月ぶりにマイナスとなってしまいました。

     

    ちなみに、

    東日本大震災の2011年は、前年末比 1,773円安、約17%下落。

    リーマン・ショックの2008年は、前年末比 6,448円安、約42%下落。

    と、なっています。

     

    日本株を買い支えているのは?

    さて、ご存知の方も多いと思いますが、

    日本の株価って、日銀が買い支えています。

     

    金融緩和の一環として、ETF(上場投資信託)を株価が下がると日銀が買っている状況なのですが、

    2018年の買い入れ総額は6兆5千億円を超えています。

     

    日銀のETFの買い入れは、2010年12月からスタートしました。

    当時はリーマン・ショックで株価が大きく下がったためでしたが、

    2011年の年間買入れ額は約8,000億円でした。

    (8倍以上になりました。)

     

    日銀のETF買入れは、アベノミクスの金融緩和策として

    当時就任した黒田日銀総裁が買入れ枠を拡大したのをきっかけに

    年々その金額は増えています。

     

    株価で企業の本当の価値は判定できないのではないか、と思うほどです。

     

    日銀の保有しているETFは約24兆円

    日銀の自己資本は、約8兆円しかありません。

     

    もし、2019年以降に株価が大きく下落するようなことがあったら、

    日銀自体がトンデモ状態になると思うんですが。

    2019年もたくさん買うんでしょうか?

    そんなにしてまで株価を上げないといけないんでしょうかねぇ。。。

     

    株価の下落で売りのタイミングは?リスクは?

    年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)も、大株主様ですよね。

    こちらも国内株式の保有金額は増え続け、運用資産の1/4を超えており、

    40兆円を超える金額です。

     

    株価の下落は私たちの年金資産に大きく影響してしまいますね。

     

    海外の影響とはいえ東京オリンピック前に、こんな大幅な株価の下落があることは予想できませんでしたが、怖いのは今後です。

     

    東京オリンピック、大阪万博と大きなイベントが続きますが、

    その後は人口減少も加速し不透明です。

    ⇒ 大阪万博の2025年といえば。(参考)

     

    私が思うのは、

    日銀もGPIFも、一度買っちゃった日本株を手放すのは、株価の下落につながってしまうので、

    売るタイミングはもうないのではないか、ということです。

     

    それでは、また。

    記事はお役にたてましたか?
    興味をもっていただけましたら、
    上のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

    <著者プロフィール> 川淵ゆかり
    ファイナンシャルプランナー(日本FP協会 CFP(R)、厚生労働省1級FP技能士)

    無料レポート「100年を生きるためのお金の知識」はこちらからどうぞ
    ⇒ https://yukarik-service.jimdofree.com/
    (登録の方に、期間限定で「65歳までの家計支出」(Excel)を プレゼントしています!)
    「人生に革命を起こすスーパービジネスマン養成ブログ」
    ⇒ http://www.eigyou.jp/blog/ (ブロガーメンバーです。)

    *