• 人生100年の生き方のためのお金の運用、キャリア、住宅、ライフプランのためのブログです。
    Pocket

    人生100年と言われる時代。

     

    長生きするのは自分(そして配偶者)だけではなくて、

    ご両親も長生きになっています。

     

    ご両親の面倒を見る期間も伸びるということですから、人によっては

    前回のお話のように、お金の心配も大きくなります。

    ⇒ 健康寿命を伸ばして節約。

     

    2018年の厚生労働省の公表によると、日本人の

    平均寿命は、男性は81.09歳、女性は87.26歳、
    健康寿命は、男性は72.14歳、女性は74.79歳、となっています。

     

    平均寿命と健康寿命の差、約10年もあります。

    この約10年という期間を短くすること(=健康に過ごすこと)で、

    医療費や介護費を抑えることができます。

     

     

    「長生きリスク」に備えるためには、お金にも長生きしてもらわないと

    いけません。

    節約だけでなく、老後に入ってからも安全に運用を続けることで、

    お金の寿命を伸ばすことができます。

     

    例えば、65歳時にある 3,000万円を運用しながら100歳まで取り崩しながら生活を続けるとした場合、

    毎年いくら受け取れるか、を計算してみました。

    • 年0.01%で運用・・・毎年約87万円(月平均約7.2万円)受け取り
    • 年1%で運用・・・毎年約102万円(月平均約8.5万円)受け取り
    • 年2%で運用・・・毎年約120万円(月平均約10万円)受け取り
    • 年3%で運用・・・毎年約141万円(月平均約11.7万円)受け取り

     

    日本人は今後も老人を支える若い人が少なくなっていきますから、

    老後も運用しながら取り崩していく時代」になっていくでしょう。

     

    老後にいきなり資産運用など始められませんから、

    若いうちから運用について勉強・実行する必要があるのです。

     

    資産が尽きないように、

    • 現役時代には大きく増やし、
    • 老後には減るのを遅らせる、

    といった必要性があります。

    「平均寿命」や「健康寿命」という言葉はよく聞くと思いますが、

    お金に心配なく生きていける期間のことを「資産寿命」といいます。

     

    「資産寿命」を伸ばすことが、人生100年に備えるためには重要です。

    老後もできる運用方法などどうぞご相談くださいませ。

     

    それでは、また。