• 人生100年の生き方のためのお金の運用、キャリア、住宅、ライフプランのためのブログです。
    Pocket

    住宅ローンの相談に乗る時に、教育資金や老後資金のことまで話すんです。

    ですが、30代前半のご夫婦などには

    「住宅ローンの話なのに、なんで老後の話?」という顔をされますね。

    (そりゃ、そうかもしれません。(笑))

    少し前なら、私も住宅ローン相談で老後の話なんてしませんでした。

    老後のお金なんて、50代になって考えても十分間に合ったからです。

     

    ですが、30歳で35年の住宅ローンを組んでも、ローン終了時は65歳。

    お子さんの大学進学時には50代になっている方がほとんどです。

     

    老後のお金を準備すべき50代には、住宅ローンの支払いに大学にかかる費用が加わり、大きな出費がある時期です。

     

    一昔前であれば、50代というとそれなりの役職について収入も上がり、

    定年までは安泰だったんですが、

    今は、「出向・転籍」「役職定年」といった制度が導入され、

    中には十数万円も給料がダウンする人もいます。

    なぜ、こんな時代になったのか?

     

    30年ほど前は定年は55歳というところがほとんどでした。

    その後、定年は60歳になり、さらに65歳まで延びようとしています。

    会社としては人件費や福利厚生費にかかる出費が増えるわけです。

     

    さらに、10年ほど前には団塊の世代の定年退職があり、

    多額の退職金の支払いが企業を苦しめました。

     

    平成に入った頃からは低金利が続き、企業もなかなか資産を殖やせないでいます。

    「なんとか、従業員にかかる経費の削減になる方法はないか?」

    それがこういった制度の見直しになったようです。

     

    今後、65歳定年が本格的に導入されてくると、

    中高年の収入はさらに厳しくなることは十分に考えられます。

     

    若い人はどんどん少なくなってきますから、会社は新卒の人にお金をかけるでしょうからね。

     

    「人手不足で定年延長になって長く働けそうだから生活も安泰だぁ。」と

    軽く思っている若い世代は、将来は住宅ローンの支払いに苦しめられることになっちゃいますよ。

     

    それでは、また。