• 人生100年の生き方のためのお金の運用、キャリア、住宅、ライフプランのためのブログです。
    Pocket

    厚生労働省が公的年金の受給開始年齢を75歳まで繰り下げられるようにする検討に入りました。

    公的年金の受給開始年齢は原則65歳が、変更することができるんです。

    基準となる65歳よりも

    • 前倒しして受け取ると年金額は一ヶ月あたり0.5%ずつ減額。
    • 後倒しして受け取ると年金額は一ヶ月あたり0.7%ずつ増額。

    となっています。

     

    もし、60歳から受け取ると年金額は3割減少してしまいます。

    これは65歳になっても3割減少したままで、本来の額には戻りませんから注意してください。

    70歳まで受け取りを遅らせると、年金額は1.42倍になります。

     

    今回の検討のように75歳まで受け取りを遅らせることができるようになれば、

    年金額は1.84倍にもなります。

     

    このブログを書いている時点での健康寿命は、

    男性が72.14歳、女性が74.79歳となっています。

    定年後も健康に働いて、年金の受け取り時期を遅らせれば

    老後もそれほど困ることはなさそうですが、

    実際に受給開始年齢を遅らせる人はわずか1%程度だそうです。

     

    定年後の再雇用制度を利用して、60歳以降も働く人は増えているようですが、

    再雇用後には給料が1/2になってしまうケースもあり、生活に余裕がなくなって

    年金の受け取りを遅らせるどころか、前倒しにする人が多いようです。

     

    給料が半分になっても、なかなか生活水準は落とせませんからね。

    60代になっても住宅ローンが残っていたり、親の介護や孫のお小遣いなど

    お金がかかったりすると、生活も楽ではありません。

     

    1.8倍の年金は魅力ですからね。

    75歳まで公的年金に頼らないマネープランを構築すれば、

    ゆとりのある後期高齢者となることも可能です。

     

    そのためには、つまずかない住宅ローン計画、早い時期からの老後資金設計が必要です。

     

    家の購入、お子さんの誕生、資産運用など、早めにご相談ください。

    学資保険の4倍の利息の教育資金作り、安心・簡単に3,000万円の資産構築を

    実現するセミナーにもおいでくださいませ。ヽ(´▽`)/

     

    それでは、また。

    <著者プロフィール> 川淵ゆかり
    ファイナンシャルプランナー(日本FP協会 CFP(R)、厚生労働省1級FP技能士)

    HP(プロフィール、セミナーや相談会のご案内)
    ⇒ https://yukarik-fp.jimdo.com/

    無料メルマガ「幸せ人生100年のためのマネーセミナー」
    ⇒ https://88auto.biz/yukarik001/registp.php?pid=3