• 人生100年の生き方のためのお金の運用、キャリア、住宅、ライフプランのためのブログです。
    Pocket

    確定申告の時期ですね。

    今日と明日は、「医療費控除」と「セルフメディケーション税制」について

    みていきましょう!

    まず、「医療費控除」(上限200万円)ですが、

    これは、病院で支払った医療費や市販薬の購入代金などの合計が

    1年間で10万円を超えた場合、所得税や住民税が還付される、というものです。

     

    10万円というとなかなか大きい金額ですが、

    医療費控除は生計を同一にする家族の分もまとめて申告できます。

    生計が同一であれば同居していなくてもかまいませんから、

    一人暮らしをしている大学生のお子さんや単身赴任中のお父さんの分も、

    控除対象に含むことができます。

     

    なお、所得が200万円未満の場合は、10万円ではなく、

    総所得金額の5%を超えた金額が医療費控除の対象となります。

    ただし、受け取った保険金などは医療費から差し引く必要があります。

     

    以前は確定申告には領収書の提出が必要でしたが、

    医療費通知の添付か医療費控除の明細書を作成することで不要となりました。

    ただし、領収書は自宅で5年間の保管が必要で、税務署から求められたら

    提出しなければいけません。注意しましょう。

    (明細書の作成が面倒な方は、平成31年分の確定申告までは領収書の添付が認められています。)

     

    医療費控除の記入方法やダウンロード(PDF,Excel)はこちらから。

    ⇒ 医療費控除の明細書の書き方など

     

    通院や入院、薬代などでお金のかかったご家庭は、医療費控除の対象となるかどうかを調べてみてください。

     

    それでは、また。