• 人生100年の生き方のためのお金の運用、キャリア、住宅、ライフプランのためのブログです。
    Pocket

    財務省は2月8日、国債と借入金などを合計したいわゆる「国の借金」が、

    2018年12月末現在で1100兆5266億円と過去最高を更新した、と

    発表しました。

     

    国の借金は増え続ける一方なので、もう慣れちゃった感じでしょうか。

    ⇒ 日本の借金時計(音量注意!)

     

    借金の話だけで、じゃあ、資産はどうなんだ、というところですが、

    2019年1月には平成29年度の財務書類を発表しております。

    ⇒ 国の財務書類(財務省)

    貸借対照表が出ていますが、見てビックリですね。

    負債が資産の2倍近くになっています。

    普通の会社ならとっくに倒産です。

    「どうせ財政破綻なんてしないんでしょ。」とか言う人もいらっしゃいますが

    財務省が「いゃ~、やりくり大変なんですよ。」と言っている間は、

    http://www.zaisei.mof.go.jp/theme/theme3/

    国民の負担は大きくなっていくことに間違いありません。

    消費増税、2025年問題、囁かれているオリンピック後の「五輪不況」など

    あまり良い気配もありませんので、

    年金や健康保険など、「もらえて当たり前、あって当然」といった保障も

    今後は更にカットされる覚悟が必要になるでしょう。

    消費増税はたしかに必要ですが、ややこしい軽減税率の導入やバラマキが

    あるのであれば、やめちゃえばいいのに、と思うようになりました。

    厚労省の不適切調査の問題もありましたし、今後の株価などの状況によっては

    選挙の影響を考えて、消費増税もなくなるかもしれませんね。

     

    それでは、また。