• 人生100年の生き方のためのお金の運用、キャリア、住宅、ライフプランのためのブログです。
    Pocket

    *

    食料品の値上げが続いています。

    先日もお客様と「何でも高くなりましたよね。」とお話ししました。

    みなさんはどう感じてますか?

     

    即席麺に乳製品、ペットボトル等お子さんを抱えているご家庭も大変です。

     

    値上がり率もハンパなくて、3~7,8%、

    中には10%を超えるものもあります。

    値上がりの原因としては、

    ・物流費の高騰

    ・人件費の高騰

    があげられます。

    また、異常気象では野菜等の価格も大きく変わりますよね。

     

    日本は人口減少、高齢化が進んでいますので、今後も食料品の値上げに悩まされると思われます。

     

    さて、この食料品の値上げですが、もっと先のことも考えてみます。

     

    「今は現役で働いているからいいけど、老後に入った後は年金だけでは頼りにならないだろうし、食料品の値段はどうなっているだろう。。。」

     

    日本は人がどんどん減っていくため、食料品の値段は落ち着いていくのじゃないの?と言う人もいます。

    たしかに、あと35年も経てば日本の人口は1億人を切ります。

    ですが、、、

    世界の人口はどんどん増え続けています。

     

    現在の世界の人口は、約74億人。

    これが、2050年には約95億人まで増えます。

     

    農林水産省は、平成24年に2050年の世界の食糧受給の見通しを出していますが、

    90億を超える人々を養うためには、食糧生産を全体の1.55倍にする必要があると伝えています。

    日本では、人手や食糧そのものの不足の他、進む円安による値上がりも考えられます。

    人が減っていくると経済力も落ちてきますから、どうしても円の価値も下がっていきます。

    すると、円安となって輸入品は当然値上がっていきます。

    輸入に頼っている食料品は多いですからね。

     

    低金利も続いていますから預貯金は当然ふえず、年金の不足分を補うだけの資産作りの苦労は続きます。

    数十年後、私たちが老人となっている頃には、どうも今のように簡単に食欲を満たすことは難しいようです。

    テクノロジーの進化は胃袋を満たせるでしょうか?

    食糧事情による戦争だけはご免被りたいですね。

     

    それでは、また。

    <著者プロフィール> 川淵ゆかり
    ファイナンシャルプランナー(日本FP協会 CFP(R)、厚生労働省1級FP技能士)