• 人生100年の生き方のためのお金の運用、キャリア、住宅、ライフプランのためのブログです。
    Pocket

    住宅ローンの相談やセミナーで、夫婦の共有名義についての質問が多くなりました。

    働く女性も増えましたから、奥さん側からの負担があることもあるでしょう。

     

    ここで、気をつけたいのが、マイホームの登記の購入資金の負担割合と登記の持分割合です。

    「夫婦だから。」と登記の割合を、夫:1/2 妻:1/2 に希望するご夫婦も多いのですが、

    実際の資金の負担割合と異なると、贈与税の課税対象となってしまいます。

    例えば、4,000万円の住居を、夫が住宅ローン3,000万円で、妻が頭金1,000万円でそれぞれ負担したとします。

    負担割合は、夫:3/4 妻:1/4 となるのですが、

    登記割合を、夫:1/2 妻:1/2 にしてしまうと、その差額分について、

    贈与があったものとされ、贈与税の課税対象となります。

    この場合、夫から妻へ1,000万円の贈与があったとみなされます。

    ちなみに、1,000万円の贈与税は、231万円となります。(けっこう大きいですね。)

    登記割合も、夫:3/4 妻:1/4 となるようにしましょう。

     

    それでは、また。