スポンサードリンク
    • 住宅ローン、教育資金、老後破綻、年金不安、増税、親の介護。。。将来に不安のある世の中です。人生100年を乗り切るヒントをこのサイトから得ていただければ、と思います。 
    Pocket

    夫婦二人に収入がある場合、

    夫婦二人で別々の住宅ローンを契約する場合は、ペアローンといいます。

    ですが、契約がひとつとなる場合は、連帯債務または連帯保証での契約となります。

     

    奥様がパートの場合などはペアローンを組むのは難しいですが、

    連帯債務や連帯保証で収入合算で借入額を増やすことが可能です。

     

    連帯債務と連帯保証はまったく違うものなので注意しましょう。

     

    ●連帯債務(フラット35や一部の銀行などのローン)

    連帯債務の良いところは、契約はひとつなのに

    •  住宅ローン控除が二人分使える。
    •  登記も二人分できる。

    といったところになります。

    ですが、利用できる住宅ローンがフラット35など非常に限られてしまうところが難点です。

    また、夫婦二人で返済していくという契約になりますから、最初からご夫婦二人に返済義務が発生します。

     

    ●連帯保証

    民間の住宅ローンで多く用いられる方法で、夫婦の一方(奥さん)が連帯保証人となります。

    連帯保証だと、住宅ローン控除が使えるのは一人だけ、住宅ローンの分の登記も一人だけ、となります。

    ※頭金など奥様が出しているのであれば、その分は登記します。(この分を登記しないと贈与税の課税対象となってしまいます。)

    連帯保証は、主債務者(夫)のみに返済義務がありますが、主債務者が返せなくなった場合に連帯保証人(妻)に返済義務が生じます。

     

    夫婦共働きだと住宅ローンの借り入れも増やすことができますが、

    将来のことも考えて返済計画を立てましょう。

     

    一方が、病気・ケガ・出産・育児・介護等で仕事を休んだり辞めたりした場合、返済に窮することにもなりかねません。

    「借りられるから。」と目一杯借りることなどはやめて、夫婦二人でしっかり話し合って住宅ローンを決めましょう。

     

    それでは、また。

    <著者プロフィール> 川淵ゆかり
    ファイナンシャルプランナー(日本FP協会 CFP(R)、厚生労働省1級FP技能士)

    HP(プロフィール、セミナーや相談会のご案内)
    ⇒ https://yukarik-fp.jimdo.com/