スポンサードリンク
    • 住宅ローン、教育資金、老後破綻、年金不安、増税、親の介護。。。将来に不安のある世の中です。人生100年を乗り切るヒントをこのサイトから得ていただければ、と思います。 
    Pocket

    退職金が、この20年間で1,000万円減った、と話題になりました。

    若い方などは、「退職金なんて数十年先の話だし、興味ないよ。」と

    考える人も多いでしょう。

     

    ですが、1,000万円を作るのに、どれだけ大変か考えてみましょう。

    (以下、複利計算)

    例えば、年12万円(毎月1万円)を年利1%で積み立てていくと、約60年かかります。

    年36万円(毎月3万円)を年利1%で積み立てていくと、約25年かかります。

    年60万円(毎月5万円)を年利1%で積み立てていくと、約15年かかります。

    年利1%というのも、銀行の預金金利に比べるととんでもなく良いですよね。

    それでもこれだけの期間がかかるわけです。

     

    退職金が1,000万円も減ってしまうと、老後はかなりキツくなりますよね。

    裏を返せば、自分で1,000万円の老後資金を追加で用意しないといけない、ということです。

     

    さて、それでは皆さんが経営者側に立って、従業員に退職金を支払うことを考えてみてください。

    頭が痛くなりませんか?

    定年までの約40年間で数千万円を準備するというのは、かなり大変なことなんです。

    これからの退職金制度はどうなるでしょうか。

    働き方改革の一つに非正規の処遇改善がありますが、

    退職金について考えると、非正規に退職金の支給を考えるよりも

    正規社員の退職金を減らす、もしくは無くす方向に動くのではないか、と

    考えてしまいます。

    さらに終身雇用制度の終焉も予感され、退職金制度は大きな転換期が来るのでは、と考えます。

    「退職金なんて、うちの会社にはとっくに無いよ。」という人も多いでしょうが、退職金や年金が減ってしまうと、負担はすべて従業員にかかってしまうんですよね。。。

     

    1,000万円の差をつける積み立て方法を知りたい方は、相談やセミナーにおいでくださいね。

     

    それでは、また。

     

    <著者プロフィール> 川淵ゆかり
    ファイナンシャルプランナー(日本FP協会 CFP(R)、厚生労働省1級FP技能士)

    HP(プロフィール、セミナーや相談会のご案内)
    ⇒ https://yukarik-fp.jimdo.com/