• 人生100年の生き方のためのお金の運用、キャリア、住宅、ライフプランのためのブログです。
    Pocket

    金融庁の金融審議会が、人生100年時代に備えるための報告書を発表し、話題になっています。

     

    「年金だけでは老後の資金が賄えず、2000万円が必要」

     

    報告書では、男性が65歳以上、女性が60歳以上の夫婦世帯では、年金収入約21万円の生活設計だと毎月約5万円の赤字が出るとはじいています。

    これから20年生きると1300万円の不足30年だと2千万円が不足するとしています。

     

    「急に2000万円と言われても作れない。。。」という声も多いようですが、この2000万円という数字もそのまま信じてはいけません。

     

     

    まず、2,000万円の算出の根拠が、年金収入等約21万円の家庭をもとに算出していることです。

    夫婦とも基礎年金だけ、という家庭であれば、毎月10万円超の不足となるでしょうし、

    夫婦とも厚生年金、となると家計に多少の余裕があるかもしれません。

     

    次に問題なのが、臨時的な出費が入っていないことです。

    老後には、家のリフォームや有料老人ホームへの入居資金、介護費用、車の買い替え、家電の買い替え等、様々なまとまったお金が必要となる場合があります。

    このような数十万円、数百万円といった支出への準備も必要です。

     

    最後に、この2,000万円という数字は現在の家計をもとに算出されていることも問題です。

    公的年金、食費、医療費、税金、社会保険料など、今の数字で計算していますが、

    実際、私たちが65歳となったときには、

    年金収入はさらに下がるかもしてませんし、医療費や税金等は上がっていることは十分に考えられます。

    食料品だって人件費や物流費の上昇で今後も値上がりが予想されます。

    つまり、毎月5万円だけの不足とは言い切れません。

    今回の金融庁の発表で2000万円という数字をそのままインプットしてマネープランを考えるのではなく、加入している年金の種類や家計の状況などを考えて設計していく必要があります。

     

    数千万円といったお金を作るには、ただなんとなく毎月積み立てをしていては絶対に作ることはできません。

    マネーリテラシー(お金の知識とお金を活用する能力)や、資産作りの方法を順次公開していきますので、またブログを読んでくださいね。

     

    それでは、また。

    ブログの更新、無料相談会などのお知らせ

    ⇒ メルマガ登録へ

     

    <著者プロフィール> 川淵ゆかり
    ファイナンシャルプランナー(日本FP協会 CFP(R)、厚生労働省1級FP技能士)

     


    コメント一覧

    2019年6月7日 9:09 AM

    きよみ23/

    老後最低2千万円以上必要という考え方で間違いないのでしょうか? 付け加えて、2千万円を用意出来なかった場合の事も記述して頂けると助かります。

      2019年8月12日 3:23 AM

      川淵ゆかり24/

      きよみ様 コメント、ありがとうございました。 ブログをしばらくお休みしていたので、お返事遅れてすみませんでした。 当然、家族構成やお金の使い方で老後の必要額は変わってきます。 今後のインフレ具合や社会保障の見直しで金額はどんどん変わってくるでしょう。 2,000万円という金額をそのままインプットして目標にしてしまうと非常に危険です。 もちろん、2,000万円もいらない、といった人もいると思います。 老後に必要なお金を概算でもいいのでそれぞれの家庭で算出してみないといけません。 ですが、日本の状況は今後も変わっていきますので、数年ごとの見直しが必要です。 もし、必要額を準備できないようであれば、少しでも長く働くことに目標をシフトすることです。 健康でいるためにはどうするか、 収入を上げるためにはどうするか、 老後も働くためにはどうしたらいいか、 今から将来の暮らしを考えて、今からできることを考えてみましょう。 また、改めてブログに書こうと思いますので、読みに来てくださいね。 ありがとうございました。