• 人生100年の生き方のためのお金の運用、キャリア、住宅、ライフプランのためのブログです。
    Pocket

     

    老後にいくら必要なのか?

    老後に2000万円用意しても100歳まで乗り切れるのか?

    もし、100歳以上まで長生きしても大丈夫なのか?

    老後資金の使い方を考えてみましょう。

     

    家計診断ツールのご紹介について

    日本FP協会では、マネープランに便利なツールを無料で提供しています。

    将来資金に不安の方は、是非ご活用ください。

    https://www.jafp.or.jp/know/fp/sheet/

    ※ 定期的に見直してくださいね。

    老後資金2,000万円問題について

     

    皆さんは老後期間を何年で設定して資金計画を組んでいますか?

    平均寿命でしょうか?

     

    平均寿命で老後期間を算出し、マネープランを作るのは危険です。

     

    なぜなら、平均寿命には「自殺」や「不慮の事故」も入っているからです。

    これらを除いたら、数年は伸びるはずです。

     

    また、今のところは平均寿命自体も延び続けています。

     

    今後は格差も広がり、医療サービスや血液不足の問題もあり、そのうち平均寿命は短くなる、

    という意見もありますが、健康で最新医療や介護サービスを問題なく受けられる家庭であれば、

    100歳以上生きることは当然可能です。

     

    次のケースなら何年資金が持つか考えてみましょう。

     

    例)65歳で老後資金 2,000万円を準備。

    年金では不足するので、老後資金を取り崩して生活費に補填する。

    毎年100万円(毎月8万3千円程度)を取り崩していくと、

    2,000万円÷100万円 = 20年しか持ちません。。。

     

    80代も過ぎていくと、残高の数字に悩みながら生きていくことになります。

     

    毎年60万円(毎月5万円)に取り崩し額を落としたとしても同じです。

    100歳まで資金はもたず、そのうち残高に悩んでしまうのは必須です。

     

    どんなにお金があっても「取り崩して生活していく」という行為は、

    精神的に良くない老後 を送るきっかけとなってしまいます。

     

     

    また、今は50代での収入ダウン子どもの大学進学住宅ローントリプルパンチ

    リタイア前に預貯金を取り崩していく家庭も増えています。

     

    老後資金2,000万円で人生100年を乗り切る方法

    私のご提案内容は「取り崩す」ではなく、「引き出す」です。

     

    増えた分だけ引き出して生活費に充ててていけば、元金はそのまま残ります。

    また、100歳、120歳まで生きても大丈夫!ですし、子どもに財産も残せます!

     

    例えば、65歳で 2,000万円の資金ができたとして、5%で運用したケースで考えてみてください。

     

    毎年 2,000万円×5%= 100万円 です。

    100万円を毎年受け取ることができます。

    2,000万円はそのまま残り、子どもに残すことができます。

     

    しかし、老後に入っていきなり5%で運用しようと思ってもいけません。

    失敗します。

    退職金を「毎月分配型」の投資信託につぎ込んで泣かされた高齢者は山ほどいます。

     

     

    現役時代から5%以上で運用する方法を知っていれば、老後に入って困ることはありません。

     

    70歳を過ぎて仕事を探す必要もなくなります。

     

    昭和の時代にはキャッシュフロー表なんてありませんでした。

    キャッシュフロー表で悩まされなくてもいいように、ゆとりある生活を手に入れましょう!

     

     

    退職金のない方でも大丈夫。

    今から資金を作っていきましょう!

     

    ☆ メルマガで相談会や無料プランなどの情報を提供しています。

    ↓(登録フォーム)

    https://mail.os7.biz/add/RXoy

     

     

    それでは、また。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です